美肌、美白の人に聞いた!!普段心掛けていることとは?!

短時間の外出でも手を抜かない

お出かけ時の日焼け止め・しみ対策は大事。ぜったいに肌を焼いたりしたくはありませんよね。
でも、今日は少ししか外出しないから大丈夫。そう考えたりしていませんか?実はこれがNGなのです。
そもそも、しみやそばかすの原因となるメラニンとは、強い紫外線から体を守るためのバリアのようなもの。紫外線によって体が傷つかないように、黒い色素を体の表面に作って、そのなかに日差しを閉じ込めてしまうことで、体は自然にその身を守っているわけなんです。
ですから、短時間でも外出してしまえば、体を守るためのスイッチがたちまち入って、細胞の奥でメラニンは作られてしまいます。
外出時には保湿と日焼け止めをしっかりして、紫外線や埃から皮膚を保護するように心がけましょう。

若い時からのケアが大事

出来てしまったしみ・そばかす、どうなると思いますか?
じつは美白化粧品と呼ばれているものの多くは、メラニンが作られるのを防いでくれるだけで、実際に出来てしまったメラニンの数を減らしてくれるわけではないんです。では、それらの化粧品は、どうして美白化粧品と呼ばれるのでしょうか。
お肌が生まれかわるサイクルは約1か月だと言われています。そのあいだ、徐々に徐々に皮膚表面のメラニンは組織といっしょにはがれ落ちていきます。美白化粧品は、皮膚がそうして再生するあいだ、メラニンが新しく作られるのを防ぐことで、お肌のターンオフの助けになってくれるのです。
若い時から肌を一定のやわらかさに保つことは、そうした皮膚再生のサイクルを遅らせないためにもとても効果があります。生き生きとした肌であれば、いつまでも生き生きとしていられるというわけです。
何事も日々の積み重ねが大事。お肌も無理にターンオフをせず、大事にいたわりながら保つようにしていきたいですよね。